大引け概況

2019-3-14 (木)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

14日の日経平均株価はマイナスで引けました。

朝方の232円高は完全に消してしまった感じです。

やはりEUの問題など全然先行きが見えないことがあって、投資家心理としては不安があると思います。

米中の貿易協議も行方など不透明な要因が山積みしていて、すぐに解決しそうな問題ではないから難しいかもしれません。

こうなるとよほどの個別材料がある株に行きがちになりそうです。

業績が良くても動きが悪い株にはいかないのでなないでしょうか。

でも利益を得るのであれば今日に限らず、買いづらい時に買うというのが利益を得れるところでしょう。

目先は上値追っていく相場ではなく、しばらくはボックス相場ではないでしょうか。

なので、短期で利益を得るならば売られている株を購入してリバウンドを狙う。

この方式ならその企業がいかに収益があろうがなかろうがは全く関係がなく、下がり過ぎている株式を買います。

できればチャートで下ひげを引いている銘柄や、売られ過ぎてオーバーシュートしている銘柄を買うなど、そんな感じでいいです。

その他売られ過ぎている指標でわかりやすいのはPBR1倍割れです。

とにかく安い銘柄を買い、高値は余程のことがない限り追わない。

こんな感じでどうでしょうか。

本日の注目銘柄としてあげました鎌倉新書(6184)の決算が引け後に発表になりました。

2019年の1月期の連結経常利益は前の期非連結比2.0倍の7.2億円に急拡大し、2020年1月期も前期比8.5%増の7.9億円に伸びを見込み、5期連続で最高益を更新すると発表になりました。

直近3ヶ月の実績である11-1月期の営業利益率は前年同期の26.4%→31.3%に上昇しました。

今日の株価はどう見られていたのでしょうか。

どうも折り込み済みではなさそうな感じです。

明日以降買われてもおかしくないと思います。

話が変わりますが、今日は外を歩いていたらあちこちで卒業式が行われていました。

寒い日が続いていましたが、徐々にいろいろなところで春を感じることが起きています。

新年度の始まりも近く、また元号も平成から新元号となりますね。

今年の日本は新たなことが始まりそうなことが感じられます。

株式上昇会もいつも新鮮な気持ちで始めて行きます。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ