大引け概況

2019-5-7 (火)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

7日の日経平均株価は前場の引けよりもさらに売られました。

午後には中国の一部メディアが、同国の対米協議が一時中断する可能性があるとの報道が伝わりました。

さらに閣僚協議でも交渉が進まないとの警戒感が広がったことから、一段安に広がりました。

今日の日経平均株価は米国と中国の貿易摩擦のニュースに振られた形になりました。

日経平均株価が軟調な中、マザーズ指数は5日続伸、ジャスダック平均も4日続伸になりました。

中小型株式が強い背景には個人の買い意欲は強いのではないかと思われますし、業績のいい株式には素直に買いが入る状況になっていると思います。

本日の注目銘柄として取り上げました●●●●(60●●)は705円高の5430円のストップ高で引けました。(ブログランキングの紹介文に掲載中です。)

今期経常予想を33%上乗せ、従来の2期ぶりの過去最高益予想を好感して株価は上昇しました。

今日は目先上がり過ぎてしまったので、明日以降についてですが深追いはお勧めしません。

売られたところの押し目を丹念に拾っていく動きがいいのではないかと思います。

 

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

5月7日の東京株式市場見通し

2019-5-7 (火)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前週の指数をご覧ください。

________

日経平均前週終値 22,258.73円 -48.85円

TOPIX 1,617.93 -2.35

マザーズ指数 944.63 +0.50

NYダウ 26,438.48 -66.47

ナスダック指数 8,123.29 -40.71

ドル円 110.60

ユーロ円 123.93

WTI原油先物 62.63 -0.10

上海総合指数 2,906.46 -171.87

________

本日の日経平均予想レンジ:21900円-22300円

いよいよ10連休明けの東京市場が今日から再開します。

新元号令和の期待もあり、今日は高く始まって欲しいという思いもあるかもしれません。

でも、今の日本株は大半が海外の投資家によって支えられておりますので、今日もその流れを受けて始まると思われます。

昨日はニューヨーク外為市場でドルが円に対して5週間ぶりの安値を付けました。

トランプ大統領が中国に対して2000億ドル相当の中国製品に対する関税を25%引き上げる方針を表明し、円ドルが110.29円と5週間ぶりの安値を更新しました。

ニューヨークの株式市場も米中の貿易協議の先行き懸念が再燃する中、反落をしました。

一時はマーケットでは協議が決裂するのではないか?との思惑から大きく下落しました。

このままでは今日の東京市場も大きく下落をして始まるとみられるぐらいダウは序盤に471ドルまで下げました。

しかしその後はトランプ氏の今回の行動は交渉術の一環という見方が多く、買い戻しが入りました。

今日は上海総合指数も大幅に反落しておりますので、東京市場はやはり反落して始まりそうです。

________

■本日注目の好決算銘柄

 

〇●●●●(60●●) ブログランキングの紹介文に掲載中です。

今期経常最高益予想を33%上乗せ、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしました。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

6日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー、キャノン、トヨタ、ホンダは26日の東京市場に比べて小幅安でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

今週もよろしくお願いいたします。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ