5月14日の東京株式市場見通し

2019-5-14(火)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前日の指数をご覧ください。

________

日経平均前日終値 21,191.28円 -153.64円

TOPIX 1,541.14 -8.28

マザーズ指数 890.13 -21.29

NYダウ 25,324.99 -617.38

ナスダック指数 7,647.02 -269.92

ドル円 109.24

ユーロ円 122.62

WTI原油先物 60.91 -0.13

上海総合指数 2,903.71 -35.50

________

本日の日経平均予想レンジ:20700円-21000円

13日のNYダウ、ナスダックは大幅下落で引けました。

中国政府が米国製品600億ドル相当への関税引き上げを6月1日から実施をすると表明し、アジア、欧州株がほぼ全面安になったことから米国株も大きく売られました。

特に中国関連の銘柄を中心に売られる状況になりました。

でもなぜ昨日のNYダウ、ナスダックが大幅に売られることになったのかということですが、今までは米中貿易摩擦の問題に楽観的な声が多かったのですが、影響を見始めたのではないかということでした。

この流れを受けて東京市場も売りから始まることは避けられない状況です。

ただ、今月に入ってから昨日まで日本株は1,000円以上売られている状況ですので、あまりに行き過ぎて下げた場合は反発してくるのではないかとみます。

それと日本株については気になる点があります。

それは日本の経済指標が悪いことです。

昨日は3月の景気動向指数で、基調判断が下方修正されました。

今日は日本の4月の景気ウォッチャー調査が発表予定で、その後も工作機械受注や企業物価指数など様々な指標発表が続きます。

今回の株安は米中貿易摩擦だけではなく、日本独自の問題も含んでいるので、しばらくは調整は長引きそうともいう声もあります。

________

■本日の注目銘柄

 

〇江崎グリコ(2206)

決算月を12月に。新制度では100株以上の保有者に対して保有株数と継続期間に応じて1,000円から6000円のグループ商品を贈呈する。

さらに自社株買いを実施すると発表。

発行済み株式数の1.5%にあたる100万株を上限に自社株買いを実施。

この2つを同時に発表するのは江崎グリコの株価政策の本気度が伝わります。

今日のような日に売られる場面があれば、なおさらチャンスではないかとみます。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

13日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー、キャノン、トヨタ、ホンダ、ライン、京セラ、オリックス、みずほFGは13日の東京市場に比べて小幅安でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ