大引け概況

2019-5-16 (木)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

16日の日経平均株価の引値は、前場の引けとほぼ変わらずでした。

理由も変わらずで、米国と中国の経済指標の悪化や世界的な景気減速が投資の意欲をなくしているとのことです。

証券会社の方の話によると「今回の下げもそろそろではないか、前回米国が中国に制裁関税を発動した第1段の時がNYダウが5.5%下げて反転しており、今回もその時に極めてよく似ている」とのことです。

今回も5.5%下げたところまできているので反転は近いとみています。

本日の注目銘柄の大同信号(6743)は27円高の585円で、年初来高値を更新して引けました。

引け後に本決算を発表をしましたが、経常利益57.4%増益で、事前予想を上回りました。

ただ20年の3月期は14.6%減益の2200百万円となっているのが気がかりです。

それでは、今日も一日お疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ