大引け概況

2019-6-7 (金)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

7日の日経平均株価の終値は買い戻しが優勢になり反発しました。

前日のNYダウ、ナスダック総合指数の上昇で日本株も好感して上げましたが、中国市場が休みだったこと、休日前で米国の雇用統計も控えていたことから海外の投資家は様子見ムードになりました。

また、米国の利下げが円高要因のため、日本株にとっては必ずしもプラス要因とは言えず、さらに上昇するのは困難となりました。

さて、本日注目の株式分割銘柄のサニーサイドアップ(2180)は急伸しました。

前日に株式分割の実施を発表し、流動性向上を期待する動きが優勢となっています。

7月10日を基準日として、1:2の株式分割を実施することが好感されました。

さらに、今までは100株以上の株主に対してグループ企業の2名分の食事の優待券1枚でしたが、今後は200株以上の株主に対して1名分の食事2枚を贈呈するほかに、500株以上の株主に対しても優待券5枚を贈呈することになりました。

今後については今日の前場1900円台で購入した方は利食いが出来る水準でもありますので、月曜日以降は一度売られて始まるとみています。

そんなに何日もひとつの銘柄が上がり続ける状況にはならないはずです。

では、今日も一日お疲れ様でした。

今週もお疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ