6月7日の東京株式市場見通し

2019-6-7(金)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前日の指数をご覧ください。

________

日経平均前日終値 20,774.04円 -2.06円

TOPIX 1,524.91 -5.1

マザーズ指数 879.37 -14.15

NYダウ 25,720.66 +181.09

ナスダック指数 7,615.55 +40.08

ドル円 108.35

ユーロ円 122.20

WTI原油先物 52.98 +0.39

上海総合指数 2,827.80 -0.06

________

本日の日経平均予想レンジ:20800円-20950円

ニューヨーク株式市場は4日連続で続伸しました。

米国がメキシコの制裁関税発動を延期するとの期待があったということです。

しかし、ニューヨーク株式相場は強いですね。

ある証券会社のレポートを拝見しましたが、NYダウ、ナスダック総合指数、S&Pはチャート上ではゴールデンクロスを形成しておりました。

ファンダメンタルズでもFRBのパウエル議長の利下げ発言により、株式相場は底をついたと思います。

さて東京市場はどうなるのかですが、昨日の動きからするとニューヨーク相場の結果がそのまま東京市場に反映してこないという状況になると思います。

メキシコの制裁関税発動の延期は好材料にはなりそうで、ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁の景気は悪くないという発言はプラスの材料になりそうです。

________

■本日注目の株式分割銘柄

〇サニーサイドアップ(2180)

この企業を皆さんはご存知ですか?

スポーツビジネスの会社で、かつてはサッカーの中田英寿選手が代理人をしていました。

中田英寿選手が当時のJリーグの湘南ベルマーレからイタリアのペルージャに移籍をする際に代理人をしてから注目されるようになりました。

代表が次原悦子という女性で、当時は女性がサッカー選手の代理人をやるなんて、という声がありました。

今回7月10日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施します。

さらに分割を踏まえ、株主優待制度を変更します。

優待券を200株以上で2枚、500株以上保有で5枚贈呈します。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

為替は1ドル=108円台前半で強含みに推移しました。

6日のADR(米国預託証券)は円換算値で、キャノン、トヨタ、NTTドコモは6日の東京市場に比べて小幅高でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ