6月10日の東京株式市場見通し

2019-6-10(月)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前週の指数をご覧ください。

________

日経平均前週終値 20,884.71円 +110.67円

TOPIX 1,532.39 +7.48

マザーズ指数 884.32 +4.95

NYダウ 25,983.94 +263.24

ナスダック指数 7,742.10 +126.55

ドル円 108.51

ユーロ円 122.88

WTI原油先物 54.69 +0.70

上海総合指数 2,827.80 -33.62

________

本日の日経平均予想レンジ:20750円-21000円

今日の日経平均株価は続伸が期待されています。

トランプ大統領は7日夜(日本時間8日午前9時半ごろ)、ツイッターで「メキシコからの輸入品関税の上乗せは無期限に延期」と投稿していました。

その結果、10日に実施予定だった関税上乗せは見送りになりました。

株式市場の懸念材料の1つが払拭されることになり、自動車株などが買い戻される見通しになりそうです。

さらに米国の5月の雇用統計の結果により、FRBが利下げに踏み切る期待が強まる形となりました。

また日銀も追加金融緩和の可能性が指摘され始めています。

ETFの買い入れ増額などの案が具体化をしてくると、日経平均株価は5月29日以来となる21000円台を回復する場面も期待されています。

________

■本日注目の株式分割銘柄

〇ソフトMAX(3671)

6月30日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施。

チャート上からも見てみると、トレンドも右肩上がりになっています。

業績も右肩上がりなので利益は取れるのではないかとみています。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

今週にインフレ関連の指標が発表されますが、これが前年実績を下回った場合、年内複数回の利下げ観測はさらに広がるようになり、ドル売り・円買いにつながりそうです。

7日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー、キャノン、トヨタ、は7日の東京市場に比べて小幅安でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ