大引け概況

2019-7-2(火)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

2日の日経平均株価は小幅高で引けました。

材料も少なく、ネタ切れというところだと思います。

先ほど証券会社の方から話を聞きましたが、日経平均株価が下げる要因は少ないということ、理由としては日経平均株価の銘柄の配当利回りが2%超であることです。

これ以上株価が下がると利回りは上がるので、これに魅力を感じて購入する投資家が増えます。

そして、今は低金利でお金の行き場のないところにあり、配当目当ての資金が株価の下支えとなるとのことです。

現在は消費税増税を見込んで株価が上がらない時期ではありますが、これを超えると過去2回の消費税引き上げの時と同じように上昇する可能性は高いです。

さて今日のデイトレ銘柄ですが、エスプール(2471)は前日発表した上半期業績予想の上方修正が好感されて株価は上がりました。

寄り付き2940円と昨日より140円高で寄りましたが、さらに上昇して3000円を超えて250円高い3050円で引けました。

月額会員には既にお伝え致しましたが、寄り値付近で買えた方は利益確定売りを提案させていただきます。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

7月2日の東京株式市場見通し

2019-7-2(火)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ:21650円-21800円

1日のNYダウ、ナスダック総合指数はプラスで引けました。

米中首脳会談再開の動きを受けて好感されました。

昨日のレポートでも書きましたが、米国は中国からの全ての輸入品に追加関税を課す「第4弾」の制裁措置が見送られたことと、ファーウェイへの制裁を緩和したことが好感されました。

さて、今日の東京市場もNYダウ、ナスダック総合指数の上昇を受けて好感して始まると思われます。

特に投資家に買い安心感が広まっていることが一番大きいのではないかと思います。

ただ、米中交渉の再開により、両国間問題が解決に向かうかは依然として不透明であり、今後も関連ニュースには注意する必要があると思います。

為替も米中首脳会談の再開を受けて米株式相場が上伸、投資家のリスク回避姿勢が後退する中、これまで安全資産として買われてきた円が売られました。

米長期金利の上昇も円売り・ドル買いを後押ししました。

これにより今日の日本株にも好感されてくるのではないかとみています。

1日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー、キャノン、トヨタ、ホンダは1日の東京市場に比べて小幅高でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

エスプール(2471)

□デイトレ銘柄選択の理由

上期経常を一転66%増益・最高益に上方修正しました。

チャート上も13週、26週移動平均線が上向きにトレンドのため、トレンドに乗っていくとみています。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ