大引け概況

2019-8-5(月)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

5日の日経平均株価は大幅に売られました。

21000円割れは予想通り、90%近くの銘柄が下落と今日はメタメタでした。

ただ良かったこともあります。

それは出来高、売買代金が今までよりも多く出来たことです。

売買代金は2兆5000億円を超えたというのは久々のことなので、これは今後につながるのではないかとみています。

ただ為替は105円台に入ってきましたので、さらに株価に影響するのではないかと気になるところではあります。

さてデイトレ銘柄ですが、ゴールドウィン(8111)は1→2の株式分割を好感し上昇しました。

寄り付き16300円で高値17000円台に入り、すぐに利益確定出来る状況になりましたので月額会員には利益確定売りを提案させていただきました。

終値16400円ですが、ブログ読者の皆様も高いところで売却できていれば何よりです。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

8月5日の東京株式市場見通し

2019-8-5(月)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ:20800円-21100円

先週の8月2日のNYダウ、ナスダック総合指数は続落しました。

米中貿易摩擦問題への懸念が続き、さらに7月の米雇用統計の結果が良かったため、追加の利下げ期待が後退しました。

今日の日本株はこの流れを受けて弱含みで始まりそうです。

さらに今週から東京株式市場も16日近辺までは市場参加者が減少する「夏休みモード」が意識される期間に入ってきているため薄商いになりそうです。

そして週末に3連休を控えていることもあり、様子見ムードが高まりそうです。

しかし、この夏枯れ相場は秋以降の本格相場を控えての仕込み場ではあり、年初来安値近辺にとどまっている銘柄で、高決算で評価されていない銘柄は買い場であると思います。

為替は106円台半ばに進行していることから円高懸念が再燃しています。

また市場参加者が少なくなってきていることから、大きく動くことはないとみています。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

ゴールドウィン(8111)

□デイトレ銘柄選択の理由

上期の経常利益を21%上方修正・最高益予想を上乗せしました。

9月30日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施します。

株価が15000円を超えて買いづらいところから分割をすることにより、株価が半分になるため買いやすくなるとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から~3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ