8月7日の東京株式市場見通し

2019-8-7(水)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ:20600円-20750円

昨日6日のNYダウ、ナスダック総合指数は6日ぶりに反発しました。

中国の人民元の下げ止まりをきっかけに、米中貿易摩擦激化への過度な警戒感が和らいだことが反発した要因です。

これにより今日の東京市場も落ち着きをみせて、反発してくるのではないかとみています。

さらに人民元がドルに対して下げ止まったことにより、安全資産として買われていた円も売られることになりました。

為替も105円台から106円台の円安に振れたことから、日本株も輸出関連銘柄を中心に買われてくるのではないかとみています。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

青木あすなろ建設(1865)

□デイトレ銘柄選択の理由

高松コンストラクショングループ(1762)がTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化を目指します。

TOB価格は1株1210円で6日終値を788円を53.6%上回る水準です。

買い付け期間は8月7日から9月19日までです。

PER8倍、PBR1倍以下と割安の水準にあるとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から~3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ