8月13日の東京株式市場見通し

2019-8-13(火)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ:20150円-20400円

3連休明けの東京市場は大幅に売られて始まりそうです。

NYダウ、ナスダック総合指数は大幅反落、為替も105円台の前半で推移しています。

中国人民銀行が人民元売買の基準値を元安に設定したことで、米中貿易摩擦への懸念が再び強まり、売りが先行することになりました。

また米中貿易摩擦への警戒感がまだ続いている状況になっています。

さらに空港内での大規模デモを受けて、香港国際空港への発着便が全便欠航となったことも嫌気されました。

政治の混乱が各地で続き、それにより景気が悪くなるとの警戒感から、株式が売られるパターンとしては一番よくないです。

また夏休みということもあり、市場参加者が少ないため、資金の流入も少ないので全体的に上がる要素は難しいので材料株の物色が続きそうです。

それでは今日も頑張って行きましょう!

今週もよろしくお願いいたします。

________

■本日のデイトレ銘柄

ウェルス・マネジメント(3772)

□デイトレ銘柄選択の理由

4-6月期の第1四半期の経常利益は90倍増益で着地しました。

PERも10倍、チャートも右肩上がりのトレンドのため、さらに上がる
とみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から~3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

月額会員用掲示板では上記以外にも銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ