大引け概況

2019-8-26(月)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

26日の東京市場は全面安でした。

やはりというか米国と中国の貿易摩擦の懸念が残っていたら株価は上がらないです。

しかも中国が米国に対して報復をしてきて、さらに米国も中国にやり返すというケンカ状態になっています。

はっきり言っていい状況でもないし、いつ解決するのか?というところです。

今日は取引開始直後に日経平均は前週末比537円15銭安の20173円76銭まで下げた後、20200円台での小動きが大引けまで続きました。

証券会社に聞くとさすがに20000円を割れることはないでしょうと言っていますし、私も理論上は20000円を割れるほど企業業績は悪くないと思っています。

でもマーケットは下値を積極的に買っていくという状況ではないらしいので、もしかしたら20000円割れもあるかもしれません。

狙っている株があるのであれば、そこまで待った方がいいかもしれません。

さて、デイトレ銘柄のハウスコム(3275)ですが、東証2部から1部に指定されることが承認されたことが好感し107円高の1430円で引けました。

今日の寄り値付近で購入された方は、明日の状況次第ではありますが「利益確定の売り」を提案します。

では、今日も一日お疲れ様でした。
________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

8月26日の東京株式市場見通し

2019-8-26(月)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ:20450円-20600円

本日の東京市場は波乱の幕開けとなることが予想されています。

ニューヨーク株式市場が下がった理由はまたもや米中貿易摩擦の再燃でした。

今度は中国が米国に対して報復をしました。

原油や農産物などの米国製品約750億ドル分に5~10%の追加関税をかけると発表しました。

すると今度は米国が対中関税の新たな引き下げを発表しました。

そして米企業に中国撤退や米国への生産移転を検討するように求めました。

トランプ大統領は本当に経済オンチです。

米企業は出来るだけコスト削減をするために中国に生産地を移転したのにそんなことができるわけがありません。

それと、為替は年初来安値を更新したことで日本株にもマイナスになると思われます。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

ハウスコム(3275)

□デイトレ銘柄選択の理由

東証が30日付で市場1部に指定します。

東証1部への鞍替えにより指数に組み入れるファンドなどの買いが入ると思われます。

PERは11倍と東証の平均以下と割安な位置にあるため買われるとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から~3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ