大引け概況

2019-9-11(水)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

日経平均株価は200円以上のプラスで7日続伸でした。

21500円を回復しましたので、緩やかですが右肩上がりのトレンドは崩れていないとみています。

景気が減速するという見方が正しいのであれば、8月の終わりの20173円の安値からここまで戻すことはなかった思います。

そのため景気は持ち直すでしょう。

もうひとつの理由は、今後の金融政策で利下げの方向になるのではないかという観測です。

また、米中でどんな動きが出るのかも注目されています。

ただ、日本株が7連騰と今まででは珍しいことが起きているので、売られやすい水準にあることは間違いないと思います。

本日デイトレ銘柄のミライト・ホールディングス(1417)の紹介文に掲載中です。)は自社株買いと、8月の受注高が21.1%増の275億円だったことも発表しており、株価はやや上昇しました。

しかし、利益確定が出来る水準にないため、明日も「継続」して見ていきます。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ