大引け概況

2019-10-1(火)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

日経平均株価は3営業日ぶりに反発しました。

ナバロ米大統領補佐官が米政府による中国企業への証券投資制限検討との報道は否定されました。

米中対立懸念の後退とともに9月30日の米国株高や、円安・ドル高が支援要因となり、一時は前日比182円93銭高まで上昇しました。

時間外取引での米株価指数先物高も支えとして意識される状況になりました。

マーケットからは今日は名実ともに下半期相場入りで新規マネー流入の話もありました。

でも、それならもっと勢いがあってもいいはずとの声もありました。

デイトレ銘柄の東海ソフト(4430)は1株から2株への分割を好感し、寄り付き1998円から一時ストップ高まで上がりました。

後場はストップ高までとはなりませんでしたが、その近くまで上昇し大引けは369円高の2178円でした。

そのため寄り付き付近で購入出来た方には利益確定売りを提案致します。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

10月1日の東京株式市場見通し

2019-10-1(火)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ :21700円-21900円

今日の東京株式市場は、主要株価指数はもみ合い商状になると思われます。

また取引開始前に9月の日銀短観が発表されます。

大企業製造業を中心に景況感の悪化が見込まれていますが、一部では「悪いのは分かっており、確認作業のようなもの」との見方も出ています。

余程の下ブレがない限り、影響は限定的とみられます。

中国建国70周年を迎える一方、香港デモの過激化も警戒され、心理的に積極買いに動きにくいとみられます。

為替は特段の手掛かり材料に欠ける中、1ドル=108円台前半に弱含みました。

今日は方向感に欠けた動きなると思われます。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

東海ソフト(4430)

□デイトレ銘柄選択の理由

10月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施します。

最低投資金額は現在の2分の1に低下します。

また、6-8月期(1Q)経常は1.1億円で着地します。

この株式は2019年2月27日に上場したばかりで、まだまだ上昇余地があるとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から~3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ