大引け概況

2019-10-7(月)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

東京市場は朝方は買いが優勢で始まりました。

しかし、その後はすぐに日経平均株価はマイナス圏に沈む展開になりました。

ただ大幅に売られることもなく、下値は硬い状況でした。

売買代金は2兆円を超えていた時から比べるとパッとしませんでした。

場の後半からは米中貿易協議の行方を見守りたい雰囲気が高まり、さらに為替が106円台後半の推移で円高を警戒する動きもみられたことも株価が軟調になった理由です。

さて本日のデイトレ銘柄のアルテック(9972)は自社株買いを好感し、寄り付き220円から大引けは233円でした。

こちらは利益確定出来る水準にないため、明日以降も「継続」します。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

10月7日の東京株式市場見通し

2019-10-7(月)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ :21400円ー21600円

4日のNY株式相場はNYダウ、ナスダック共に続伸しました。

米9月雇用統計の結果を受けて過度な景気後退懸念が和らぐと同時に利下げ期待も続いたことで投資家心理の改善が続きました。

それを受けて日経平均は、心理的な節目である21000円台をキープできるかが焦点となってきています。

前週に日経平均は週間で約468円、2週間では668円程度の下げ幅をみていることから相応の自律反発も期待されています。

今週は利下げ期待の高まりによって日米金利差の縮小への思惑から為替相場が円高に進むと、日経平均に下方圧力が強まることになります。

また、今週の相場の関心は、米国経済動向から米中貿易問題に移るとみられていまます。

10日に中国の劉鶴(リュウ・ハァ)副首相が米国ワシントンを訪れて米国側の米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン米財務長官と2日間の予定で米中閣僚級貿易協議が開催されるので内容に注目したいです。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

【99●●】●●●● ブログランキングの紹介文に掲載中です。

□デイトレ銘柄選択の理由

6月から8月期(3Q)の経常利益は黒字に浮上しました。

発行済み株式数(自社株を除く)の1.50%にあたる25万株(金額で5000万円)を上限に自社株買いを実施します。

買い付け期間は10月7日から11月30日までです。

PERは連結約9倍、PBR0.36倍と割安な水準にありますので、買われる余地があるとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ