大引け概況

2019-10-16(水)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

後場は売りが先行することになり、日経平均株価は前場の引けよりも反落しました。

昼休みの時間帯に中国・上海総合指数が軟化するとともに日経平均先物が伸び悩んだ流れを受け、上げ幅を縮小し、一時2万2434円35銭まで押し戻されました。

その後は徐々に持ち直していますが、戻りは限定されています。

さずがに年初来高値を超えて売りも出てきたでしょうし、信用の空売りも出て来るのではないでしょうか。

まあ、急ピッチでなくてもいいので売りをこなしながら上がっていくといいですね。

さて今日のデイトレ銘柄のGunosy(6047)は自社株買いを好感し株価は上昇しましたが、寄り付きの株価を上回ることは出来ませんでした。

そのため明日以降も「継続」してみていきます。

では、今日も一日お疲れ様でした。
________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

10月16日の東京株式市場見通し

2019-10-16(水)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ :22300円-22600円

今日の東京株式市場は、上値の重い展開が予想されます。

前週11日の米中閣僚級貿易協議で両国が部分合意し、15日から予定していた対中関税引き上げの見送りが決定しました。

これを受けて、3連休明けの日本株は全面高商状となりましたが、一部では「現時点では口約束で、これから文書にする作業があり、もめる可能性もある」との指摘がありました。

外資系メディアは14日に「中国側は詳細を詰めるための追加協議を早ければ今月末にも持ちたい意向だ」と報じており、改めて今後の行方を見極めたいとの声も聞かれ、部分合意についてはいったん織り込んだ可能性もあります。

日経平均は心理的なフシ目となる2万2000円台を回復しましたが、年初来高値2万2307円に向けて売り物を吸収できるかが注目されます。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

Gunosy(6047)

□デイトレ銘柄選択の理由

上期最終を一転黒字に上方修正しました。

発行済み株式数の1.82%にあたる43万株を上限に自社株買いを実施します。

また、サニーサイドアップ (2180)と、リサーチ事業とコンテンツ制作事業を行う合弁会社を設立します。

デイトレ銘柄:短くて半日から3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ