10月21日の東京株式市場見通し

2019-10-21(月)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ :22350円-22550円

18日の米国株式相場は下落しました。

朝方は小動きとなったものの、中国の7-9月期GDP速報値が過去最低を更新し、世界経済への減速懸念から軟調推移とななりました。

セクター別では、電気通信サービスや不動産が上昇する一方で、メディアやソフトウェア・サービスが下落することになりました。

それを踏まえて今日の東京市場の動きが注目されます。

日経平均をTOPIXで割ったNT倍率は14倍に迫り、27年ぶりの高水準に達しました。

NT倍率の過熱は直後にスピード調整を招く傾向があり、今後の動向を注視する必要があります。

外部の環境を巡っては、とりあえず進展した米中関係が再度ひっくり返されないという保証はありません。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

高砂熱学工業(1969)

□デイトレ銘柄選択の理由

上期経常を一転31%増益に上方修正で、2期ぶりに最高益更新しました。

チャートも右肩上がりの途上なので、今日の材料を機に期待出来るとみています。

デイトレ銘柄:短くて半日から3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ