12月5日の東京株式市場見通し

2019-12-5(木)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

本日の日経平均予想レンジ :23000円-23300円

今日5日の東京株式市場は、底堅い展開と思われます。

トランプ米大統領は3日、中国との貿易交渉合意について期限を設けない考えを明らかにし、早期合意が遠のいたとの見方から、米主要3株価指数が3日続落しました。

それにつられて4日の日本株は幅広く売らました。

日経平均株価は終値でこれまで下値支持線として意識された25日移動平均線を割り込み、調整継続を警戒する向きもあるが、心理的なフシ目となる2万3000円割れは回避した。

一方、全体相場を表すTOPIX(東証株価指数)は同線を保ち、上昇トレンドに崩れはない。

 市場では、「米中問題の実態は何も変わっておらず、不透明感を抱えつつ結果待ちの状況だ」(準大手証券)、「いずれは合意するとみられ、一時的な下げ」などの声が聞かれ、過剰反応との読みも出ています。

むろん、外部要因に振らされやすい状況は続くが、3日のカラ売り比率は前日同様の41.4%と高止まりしており、いったん相場が落ち着けば買い戻しを誘いやすいとみられます。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

■本日のデイトレ銘柄

【88●●】●●●● ブログランキングの紹介文に掲載中です。

□デイトレ銘柄選択の理由

8-10月期(3Q)経常は65%増益、今期配当を20円増額修正しました。

デイトレ銘柄:短くて半日から3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ