12月23日の東京株式市場見通し

2019-12-23(月)

今日の東京株式市場は、底堅い展開と思われます。

海外投資家がクリスマス休暇入りし、米中貿易協議も一区切りついたことで、手掛かり材料に乏しく動きにくい状況ながら、「掉尾の一振」への期待感を残します。

個別株には逆日歩(品貸料)が発生しているものも多く、買い戻し余地を内包している。良好な需給を背景に年末に向けて中小型株物色が高まり、指数は足場を固める可能性がある。

 注目イベントとしては、安倍首相の中国訪問(23-25日)と日中韓サミット(24日)および中韓両首脳と安倍首相の会談(同)が挙げられます。

結果次第では、年末特有のマーケットの雰囲気の中で、個別銘柄の物色材料として浮上することも想定されます。

 スケジュール面では、上記以外で、国内で27日に11月失業率・有効求人倍率、12月18-19日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」、11月鉱工業生産などです。

海外では23日に米11月新築住宅販売件数などが予定されています。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

2019-12-0(月火水木金)

 

 

________

■本日のデイトレ銘柄

【36●●】●●●● ブログランキングの紹介文に掲載中です。

 

デイトレ銘柄:短くて半日から3日(長くても1週間)ぐらいで売買する銘柄。

仮に取り上げて株価が下がった場合はすぐに損切りをします。

そのため、割り切り銘柄とも言えます。

割り切り銘柄でありますので常にリスクが取れる状況にある方にご提案します。

________

無料メルマガ登録はこちらからです→https://jyosyokai.jp/#sign-up

登録後に「株式上昇会が掲げる投資の三原則」を配信致しますので、ご一読いただければ幸いです。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ