大引け概況

2019-2-15 (金)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは本日の東京株式市場の指数をご覧ください。

________

日経平均株価 20,900円63銭 -239円08銭
高値 21,051円51銭
安値 20,853円33銭

TOPIX 1,577.29 -12.52
値上がり726
値下がり1,311
変わらず92

東証出来高 12億7782万株
東証売買代金 2兆2326億円

マザーズ 862.34 -10.72
値上がり89
値下がり177
変わらず8
________

15日の日経平均株価は大幅に続落することになりました。

全体の指数は、政治的な要因で振らされるので致し方ないかなという感じでもあります。

トランプ氏が議会の承認を得ずに、対メキシコでの国境の壁建設予算確保のため、国家の非常事態を宣言する意向だと発表したことも追いうちをかけました。

またイギリスでは3月の末に予定をされている英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英国議会の下院はEUとの協議を続けるというメイ首相の方針について採決を行い、否決をしたというニュースもありました。

だいぶ日本以外の国々では政治の混乱が続いている状況です。

日本経済もこの好調が続くのかどうなのかでありますが、株式相場にとってはプラスの材料ではないため、長引くのかそうでないのかを見極めたいところです。

本日の注目銘柄として取り上げました●●●●(●●●5)はストップ高比例配分で150円高の900円。 (ブログランキングの紹介文に掲載中です。)

ハナツアー(6561)もストップ高比例配分、300円高の1671円で引けました。

しかし、残念ながらストップ高のため寄りつくことがありませんでした。

来週は朝の寄りから買えて、引けまでには利益を出せる銘柄を提案していきたいと思います。

今週もお疲れ様でした。

また来週もよろしくお願いいたします。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

2月15日の東京株式市場見通し

2019-2-15 (金)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前日の指数をご覧ください。

________

日経平均前日終値 21,139円71銭 -4円77銭

TOPIX 1,589.81 +0.48

マザーズ指数 873.06 -2.42

NYダウ 25,439.39 -103.88

ナスダック指数 7,426.95 +6.57

ドル円 110.53

ユーロ円 124.84

WTI原油先物 54.54 +0.64

上海総合指数 2,719.70 -1.37

________

本日の予想レンジ:20900円-21200円

14日のNYダウは反落、ナスダックはプラスで引けました。

米経済指標の悪化を嫌気しました。

米商務省が朝方発表しました2018年12月の小売売上高は前月比1.2%減少し、市場予想の0.2%増加を大きく下回りました。

この数字は金融危機後の2019年9月(2.4%減)以来9年ぶりの大幅な落ち込みでした。

ただ、米中貿易協議の進展期待が引き続いて相場を支援しております。

米国側が追加関税棚上げの交渉期限を3月1日から60日間延長をする案を検討中としています。

今日の東京市場は朝方は安く始まりそうです。

ただ、売りが一巡したあとは買われる傾向もあるのではないかと思います。

さて、現在東証の空売り指数が40%を超えている期間が長いです。

投資家の多くは過去の下落の残像が残っているため、これから上昇すると思う方が多くないとの話です。

空売りをしている限りはどこかで買い戻しをしなくてはなりません、下がると思っても意外と今後下がらないのは空売りの買戻しがあります。

また、日経平均株価の先行指標と言われている工作機械受注は改善のサインが出ています。

そのため、意外と下がりそうでも下がらない相場がしばらく続きそうです。

これは過去の経験からですが、米国大統領選の前年はS&Pの指数の上昇率が一番高いです。

他にも、五輪開催国の五輪開催前年の株価は過去、ブラジルのリオ五輪の前年のブラジル株価を除いてはすべて高いというデーターがあります。

そのため、今年は日本株は強いというデーターがたくさんあります。

ここは自信を持って割安な銘柄は購入していっていいと思います。

________

■本日の注目銘柄

〇●●●●(●●●5) ブログランキングの紹介文に掲載中です。

今期経常利益を52%上方修正、4期ぶり最高益更新へ。

△ハナツアー(6561)

今期経常利益は2.7倍増で2期ぶり最高益行進へ。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

米経済指標の悪化を受けて円買い・ドル売りが進行し、円相場は1ドル=110円台後半に上昇、昨日の111円台から円高・ドル安水準になっています。

14日のADR(米国預託証券)は売りが優勢でした。

野村證券や三井住友FG、三菱UFJが下落し、ホンダ、武田製薬は買われました。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

大引け概況

2019-2-14 (木)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは本日の東京株式市場の指数をご覧ください。

________

日経平均株価 21,139円71銭 -4円77銭
高値 21,235円62銭
安値 21,102円16銭

TOPIX 1,589.81 +0.48
値上がり1,050
値下がり999
変わらず78

東証出来高 13億4517万株
東証売買代金 2兆2598億円

マザーズ 873.06 -2.42
値上がり123
値下がり139
変わらず11
________

14日の日経平均株価は期待に反して続落で引けました。

朝方の感じでは、今日は株高で引けると思った方も多かったのではないでしょうか?

でもその通りにいかないのが株式相場です。

特に海外の投資家とかが絡むと複雑になります。

これが日本独自のことだけで済むのなら簡単かと思うのですが、そうはいかないのが日本株の特徴であります。

特に今は時間外取引もあり、中国や他のアジアの影響もあり、いろいろ難しいです。

為替は1ドル=111円台と久々に111円台だったのですが、円安恩恵は相場には好影響を与えることが出来ませんでした。

本日の注目銘柄で取り上げましたフーマイスターエレクトロニクス(3165)はストップ高買い気配で引けました。

投資家のTMKがMBO(経営陣による買収)を実施するとの発表から、好感して買われました。

公開買い付け株価は1180円、買付期間は今日から4月10日までになります。

フーマ株は上場廃止になるので注意が必要です。

それでは、今日も一日お疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ