大引け概況

2019-5-24(金)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

24日の日経平均株価は小幅安で引けました。

朝方は米中貿易協議の激化による世界経済の悪化懸念から売りが先行しましたが、途中からは値ごろ感から押し目買いも入り、下げ幅は限定的になりました。

米中貿易協議や英国のEU離脱問題は今日のところでは何も変わっていないので、また再燃して株価が売られる可能性は秘めています。

しかし、今の日本株には下げ過ぎた場面で買いが入る余力があり、21,000円を割れるようなことはないと思います。

本日の注目銘柄の●●●●(32●●)は2円高で引けました。(ブログランキングの紹介文に掲載中です。)

株主優待制度も設けており、毎年6月に1000株以上の保有者に対してポイントを付与して、そのポイントは食品、家電製品、ギフトなどと交換できます。

今日のところはまだ様子見程度ですが、2019年6月期は大幅増収増益計画であることから株価が徐々に取り戻しているところです。

では、今日も一日お疲れ様でした。

また来週もよろしくお願いいたします。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

5月24日の東京株式市場見通し

2019-5-24 (金)

おはようございます。

株式上昇会 主宰です。

まずは前日の指数をご覧ください。

________

日経平均前日終値 21,151.14円 -132.23円

TOPIX 1,540.58 -5.63

マザーズ指数 883.90 -7.01

NYダウ 25,490.47 -286.14

ナスダック指数 7,628.28 -122.56

ドル円 109.63

ユーロ円 122.59

WTI原油先物 58.23 +0.32

上海総合指数 2,852.52 -39.19

________

本日の日経平均予想レンジ:20750円-20950円

23日のNYダウ、ナスダックは大幅に反落しました。

また反落?という言葉が最適なのかもしれませんが、米中貿易協議問題が長期化するとの懸念から株価が大幅に売られました。

長期化というのは既に懸念されていたことではありますが、なぜここに来てさらに売られているのでしょうか?

それは、マーケットはもっとこの問題を楽観視していて、どこかで解決するはずだと思っていたのに、予想外に重大な問題になったからでしょうね。

マーケットも新しい冷戦の開始になるでしょう。

米国のトランプ政権が中国のハイテク企業への制裁を強めており、中国側も米国は間違った行動を取っていると非難しており、お互い譲らない状況になってきました。

為替もドルから円へのリスク回避の動きになり、110円台を割り込んできました。

以上の動向から今日の東京市場は大幅に売られて始まるでしょう。

でも、よく歴史は繰り返すといいますが、さすがに軍事ミサイルなどを飛ばしたりする戦争は想定しづらいですが、違った意味での戦争はなくならないですね。

人類が存在し続けるかぎり何らかの戦争はなくならないのかもしれません。

________

■本日の注目銘柄

〇●●●●(32●●) ブログランキングの紹介文に掲載中です。

割安感が鮮明で、今6月期の予想PER7倍前後は割安とみています。

今後見直し買いが入ると思います。

前日発表された決算や材料、また今朝の新聞から上記のように銘柄をピックアップし、◎○△×の4段階で評価を行っています(各評価・銘柄名・銘柄コード)。

月額会員用掲示板では上記以外にも多くの銘柄を記載しています。

こちらからご入会後に月額会員用掲示板が利用可能となります。

________

消費税増税がどうなるのかをさらに議論されるようになりました。

今日のニュースでは目先6ヶ月延期してから増税が望ましいのでは?と専門家がコメントしていました。

政府も消費税増税をどうするのか迷っているのではないでしょうか。

もし延期になればマーケットにとってサプライズになるのですがね・・・。

23日のADR(米国預託証券)は円換算値で、ソニー、ホンダは23日の東京市場に比べて小幅安、キャノン、トヨタは小幅高でした。

それでは今日も頑張って行きましょう!

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ

大引け概況

2019-5-23 (木)

皆様、お疲れ様でございます。

株式上昇会 主宰です。

23日の日経平均株価の大引けは反落しました。

米中貿易協議を嫌気されたこと、為替相場においてもドル円が円高方向に傾き、電気機器関連株や輸出関連株を中心に売られました。

特にファーウェイ関連株に対する制裁措置の影響が懸念され、日本のハイテク株に対する売りが目立ちました。

物色は主に内需ディフェンシブ銘柄に向かいました。

本日注目の銘柄のリオン(6823)は5円高の2011円でした。

本決算を4月26日に発表してからは相場の状況がしばらく良くなかったので、反応するのもこれからだとみています。

PERは11.76倍、PBRも1.17倍と割安な水準にあるので期待したいです。

では、今日も一日お疲れ様でした。

________

☆最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

皆様の応援バナークリックが励みになります。一日一回の応援クリックをいただけますと嬉しいです!


株式 ブログランキングへ